音楽の冗談

音楽、美術、映画、演劇、文学などの有名アーティストや、偉大な才能を持つ無名なアーティストたちに焦点を当て、彼らの業績や人生を一風違った視点で掘り下げます。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
プロローグ

“My Foolish Heart”はビル・エバンス・トリオ(リバーサイド版)によるこの上もなく美しい演奏で良く知られており、ジャズの定番名曲となっています。この曲は、元は映画の主題歌で、第二次世界大戦を挟んでハリウッドの映画音楽家として活躍したヴィクター・ヤングの作曲によるものです。

1964年演奏 Bill Evans : piano,Larry bunker : drum , Chuck Israel : bass.


「My Foolish Heart 邦題:愚かなり我が心」(1949)はアカデミー賞にノミネートされた作品ですが、当初、結婚に破綻して酒に溺れる女性を描いた内容がシリアスすぎたのか,日本公開の予定はありませんでした。しかしながら、ジャズ歌手ビリー・エクスタインが主題歌を大ヒットさせたのがきっかけで、その後日本でも進駐軍のラジオを通してこの曲の人気に火が付き、1953年になって映画も公開されました。

ヤングは他に“Stella By Starlight”“When I Fall In Love”などの今日のジャズのスタンダードと言われている作品を多く書いていますが、「シェーン」(1953)や「八十日間世界一周」(1956)などの名作映画の主題歌も書いています。

生涯350曲もの美しい作品を残したヤングでしたが、一つだけ憂鬱がありました。どんなに美しい曲を書き、人々から愛されるスタンダードを生んでも、アカデミー賞だけは受賞できなかったのです。今回はヤングの生涯と彼の憂鬱に焦点を当ててみます。

映画「Sleepless in Seattle」で“When I Fall In Love”がうまく使われた。
続きを読む
スポンサーサイト
プロローグ

日本では、CMなどにしばしば使われるルイ・アームストロングの「バラ色の人生」がお馴染ですが、オリジナルはフランスの大歌手エディット・ピアフの持ち歌として知られています。また、作詩はピアフ、作曲はピエール・ルイギーが定説となっていますが、これには諸説があり、ピアフが作詞、作曲したと本人の自伝で述べられています。「バラ色の人生」はいまだに世界中で愛されている名曲にも関わらず、フランスにおいても、米国においても大ヒットに至るまでに数年の時間がかかっています。今回は、ほとんど知られていない「バラ色の人生」が大ヒットに至るまでの軌跡と、曲が誕生したきっかけとなった恋物語をご紹介します。
 
映画では「麗しのサブリナ」 (1954)でオードリーヘップバーンによって歌われた
続きを読む
2つの“雨に唄えば”


fred_astaire.jpg


プロローグ
10代の半ばの頃、銀座の映画館で「ザッツ・エンターテイメント」を観たときは。こんな優雅な映画が嘗てはあったのだといたく感動しました。当時はお金をかけたスペクタル映画が多く、古きよきアメリカ映画はTV番組でたまに見ていましたが、ミュージカルはほとんど放映されていませんでした。年老いたフレッド・アステアがホストとして登場して、最初は何者か?と思って見ていましたが、映画を見た後に、彼が俳優であると同時に偉大なシンガーであることを知り、それ以降往年の名スターが歌うミュージカルのサントラ盤に夢中になりました。


Thats_entertain.jpg



続きを読む
ロータとフェリーニ




プロローグ

20050203220151.jpg


大学生の時、都内の名画座によく通いましたが、フェリーニの「甘い生活=La Dolce Vita」(1960年度作品)を観た時は、その退廃的な現代ローマの生活に妙な共感と憧れを覚えました。しかし、それ以上に軽快でアンニュイなロータの音楽がいつまでも耳に残りました。早速レコードを買いに秋葉原の石丸レコードで探しましたが、既に廃盤。渋谷のスミヤというサントラ専門店で輸入盤見つけたときは感涙ものでした。それから何度このサントラを聴いたことでしょう。今聞いても色あせないロータの音楽は本物です。それ以来ニーノ・ロータのサントラ作品を求めてコレクションを増やしましたが、やはりフェリーニのロータ・ミュージックは他の監督のそれと一線を画しています。


続きを読む
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。