音楽の冗談

音楽、美術、映画、演劇、文学などの有名アーティストや、偉大な才能を持つ無名なアーティストたちに焦点を当て、彼らの業績や人生を一風違った視点で掘り下げます。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2つの“雨に唄えば”


fred_astaire.jpg


プロローグ
10代の半ばの頃、銀座の映画館で「ザッツ・エンターテイメント」を観たときは。こんな優雅な映画が嘗てはあったのだといたく感動しました。当時はお金をかけたスペクタル映画が多く、古きよきアメリカ映画はTV番組でたまに見ていましたが、ミュージカルはほとんど放映されていませんでした。年老いたフレッド・アステアがホストとして登場して、最初は何者か?と思って見ていましたが、映画を見た後に、彼が俳優であると同時に偉大なシンガーであることを知り、それ以降往年の名スターが歌うミュージカルのサントラ盤に夢中になりました。


Thats_entertain.jpg



続きを読む
スポンサーサイト
ユル・ブリンナーと「王様と私


プロローグ

このBLOGの前の「Shall we Dance?アンナと王様」で原作の歴史的背景をかいつまんで紹介しましたが、続いてテーマ曲の元となった「王様と私」を取り上げてみます。日本でも人気が高かった故ユル・ブリンナーは、「王様と私」より「荒野の7人」の方が有名かもしれません。おそらく日本ではアメリカ映画の出演がほとんどのためアメリカ人と見られているかもしれませんが、アジアからヨーロッパ、そしてアメリカに渡った彼の人生は波乱に富んで、とてもインターナショナルです。

yul_king_movie.jpg


続きを読む
Shall We ダンス?-アンナと王様

プロローグ
周防正行監督の「Shall We ダンス?」のハリウッド版リメイク作品が昨年公開(2004年度作品)されました。未見なので、10月14日のDVDのレンタル開始が楽しみの作品です。人気俳優リチャードギアとジェニファー・ロペス主演もさることながら、オリジナルのストーリーと対比できるキャスティングや多少ニュアンスの違うエンディングに興味がわきます。さて、このタイトルとなった名曲、周防監督版では大貫妙子がさらっと歌っていましたが、元は有名なミュージカル「王様と私」主題曲。

20050927215154.jpg

「オクラホマ!」「回転木馬」「サウンド・オブ・ミュージック」「南太平洋」の名コンビ-ロジャース&ハマースタインII世による1951年初演のミュージカルで、1952年度トニー賞では、作品賞・女優賞・男優賞・衣裳賞・装置賞の計5部門を受賞しています。ロジャース&ハマースタインは大好きな作曲・作詞家のコンビですが、今回は音楽ではなく、少しこのストーリーの土台となった小説と史実を調べてみました。
20050927214908.jpg


続きを読む
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。