音楽の冗談

音楽、美術、映画、演劇、文学などの有名アーティストや、偉大な才能を持つ無名なアーティストたちに焦点を当て、彼らの業績や人生を一風違った視点で掘り下げます。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
プロローグ

2006年6月末でビートルズの日本公演からちょうど40年経ち、WOWOWでも特集を組んでいました。また、ビートルズのリーダー的存在であったジョン・レノン(1940~80)がニューヨークの自宅のダコタ・ハウス前でマーク・チャップマンに至近距離から5発の銃弾を受けて他界したのは40歳のときでした。「ジョン」という名前は、成礼名のヨハネのことで、欧米では最もポピュラーな名前です。ここにもうひとり40歳で他界した偉大なミュージシャンがいます。ジャズ界の巨星ジョン・コルトレーン(1926~1967)は、若いころの不摂生が災いし、肝臓ガンのために病死します。肌の色も境遇も全く違うこの2人のジョンは奇しくも意外な共通点が多々見受けられます。

newsweek_lennon.jpg
ジョン・レノン(1940~80)
20060628222731.jpg
ジャズ界の巨星ジョン・コルトレーン

続きを読む
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。