音楽の冗談

音楽、美術、映画、演劇、文学などの有名アーティストや、偉大な才能を持つ無名なアーティストたちに焦点を当て、彼らの業績や人生を一風違った視点で掘り下げます。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
プロローグ

アルト・サックス奏者の巨人チャーリー・パーカー(1920-1955)。独学で音楽を勉強しながら、若干15歳でプロデビュー、1940年代にはビ・バップジャズの黄金時代を築きます。即興演奏に主眼を置き、和製とリズムに於いて革新的な演奏スタイルはその後のモダンジャズに多大な影響をもたらしました。

しかしながら、パーカーの生き方は破滅型とも言えるスタイルで、麻薬、酒、女性関係、すべてに対して節操がなく、自らの命を縮めました。医師の死亡報告書には推定年齢が65歳と記入されましたが、享年34歳の若さでした。

このような破滅型人生を歩んだパーカーでしたが、晩年の数年間、平穏に過ごした時期があります。既に酒とドラッグに体は蝕まれ、精神的にも病んでいましたが、愛情を注げる妻とその連れ子が存在したからです。今回は最後の妻となった美しくき女性チャン・パーカーのお話です。

続きを読む
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。