音楽の冗談

音楽、美術、映画、演劇、文学などの有名アーティストや、偉大な才能を持つ無名なアーティストたちに焦点を当て、彼らの業績や人生を一風違った視点で掘り下げます。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
プロローグ

“My Foolish Heart”はビル・エバンス・トリオ(リバーサイド版)によるこの上もなく美しい演奏で良く知られており、ジャズの定番名曲となっています。この曲は、元は映画の主題歌で、第二次世界大戦を挟んでハリウッドの映画音楽家として活躍したヴィクター・ヤングの作曲によるものです。

1964年演奏 Bill Evans : piano,Larry bunker : drum , Chuck Israel : bass.


「My Foolish Heart 邦題:愚かなり我が心」(1949)はアカデミー賞にノミネートされた作品ですが、当初、結婚に破綻して酒に溺れる女性を描いた内容がシリアスすぎたのか,日本公開の予定はありませんでした。しかしながら、ジャズ歌手ビリー・エクスタインが主題歌を大ヒットさせたのがきっかけで、その後日本でも進駐軍のラジオを通してこの曲の人気に火が付き、1953年になって映画も公開されました。

ヤングは他に“Stella By Starlight”“When I Fall In Love”などの今日のジャズのスタンダードと言われている作品を多く書いていますが、「シェーン」(1953)や「八十日間世界一周」(1956)などの名作映画の主題歌も書いています。

生涯350曲もの美しい作品を残したヤングでしたが、一つだけ憂鬱がありました。どんなに美しい曲を書き、人々から愛されるスタンダードを生んでも、アカデミー賞だけは受賞できなかったのです。今回はヤングの生涯と彼の憂鬱に焦点を当ててみます。

映画「Sleepless in Seattle」で“When I Fall In Love”がうまく使われた。
続きを読む
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。